MH audioオリジナルブレンド珈琲「春のHP祭ヴァージョン」できました

April 27, 2016

明日から「春のヘッドフォン祭 2016」!

MH audioの常連さんにはコーヒー好きが多いので、今回も作りましたよ「MH audio オリジナルブレンドコーヒー、2016 春のヘッドフォン祭ヴァージョン」

今回も地元富士見町のコーヒー屋「テーブルランド」さんにお願いしました。

こちら、隠れファンも多く、遠く県外からも来るなかなかのコーヒー屋さんです。

 

コーヒー豆を全数見て、ハンドピックで選別し、あえて小型の焙煎機で様子を見ながら丁寧に焙煎しています。今時、主人自ららこんなことするのってなかなかないですよね。

 ご主人の中原さんは、東京でテレビ番組を制作していたそうですが、たまたまロケで来た富士見町が気に入って15年前にこちらに移住したそうです。

 

そんな中原さんの、ご自宅兼コーヒー工房は、、山の中のログハウス

先日のオリジナルブレンドのテイスティングでは豆、焙煎、淹れ方、に加え、良質の井戸水がコーヒーの味を引き出していいるようです。

 

ということで、ここでも、人の目、手、感性と、地域の風土があって人を感動させ和ませるコーヒーができるのですね! MH audioと同じです(笑)

前回の秋バージョンは、茶色いパッケージでしたが、今回は白い袋にしていただきました。

パッケージデザインは、前回を踏襲しつつ、春らしさをだしてちょっとピンクとブルーをいれていました。

 

さてさて、今回のMH audioオリジナルブレンド、春バージョンは、深煎りのコロンビアをベースに、エチオピアモカ、グアテマラをブレンドしています。

 軽やかな酸味とスッキリとした後味が印象的だった秋バージョンは、中煎り(ハイロースト)のブレンドでした。対して今回の「春バージョン」は、深煎り(フルシティロースト)のコロンビアをベースに、花のような香りとフルーティな酸味のエチオピア・モカとグアテマラを加えました。

コク深く飲みごたえがあるのに、やわらかで飲みやすい、春らしいさわやかなコーヒーです

 

ということで、コーヒー好きの方、たまにはちょっと美味しいコーヒーとやらを飲んでみようかと思った方、6F、エレベーター前のMH audioブースで、お声をかけてください。

パッケージは、100gの豆、100gの挽、一杯淹れのドリップバッグ、の3種類を用意してます。

焙煎したてをパッケージしていますが、コーヒー専用の鮮度保持剤も入れていますので、日持ちもしますが、美味しいうちに飲んでみてくださいね!!

 

あ、できれば、MH audioの超高音質だけど、同時に癒される音質のスピーカー「WAON」で音楽を聴きながら珈琲を楽しんでください。

 

八ヶ岳珈琲工房「テーブルランド」

http://www.tableland-coffee.com/

 

Please reload

MH audioのブログ

「レコード芸術 (音楽之友社)」にMHaudioが紹介されました!

December 19, 2017

1/20
Please reload

新着ブログ
Follow Us
Search By Tags
Please reload